スポンサーリンク

クランクのコツを教習所の先生が伝授します!【バイク】

バイク.教習車 教習
スポンサーリンク

クランクが苦手な方へ。

クランクでバランスを崩して足をついてしまう。

パイロンによく接触してしまう。

速度調節・バランスの取り方がよく分からない。

といった、二輪教習の課題である「クランク」でよくある、疑問や不安点について元教習所の先生が解説します!

スポンサーリンク

クランクのルール

クランクはスラローム一本橋と違い、規定のタイムはありません。
しかし、検定中にパイロンに接触・転倒・脱輪してしまうと検定中止(一発アウト)になります。

バランスを崩して足をついてしまった場合は、1回につき5点の減点です。

クランクのコツ

まずはクランクでバランスを崩さないためのコツを解説していきます。

大まかに分けるとバランスを崩す原因は

速度調節

曲がり方

の2つがあります。
では1つめの「速度調節」の仕方からみていきましょう。

速度調節の仕方

速度を落としすぎないように気をつけましょう。

よくある勘違いなのですが、クランクは一定の速度で走行する必要はありません。

必要に応じて加速・減速を繰り返して走行していきます。

具体的には、曲がり始めはゆっくり・曲がり終わりは速く通過できるようにしましょう。

曲がり始めに速度が速すぎると、大回りしてしまうので曲がりきれずに外側のパイロンに当たってしまうので、曲がり始めの速度はゆっくり。
曲がり終わりが遅すぎると、バイクが傾きすぎてバランスを崩してしまうので、速度を上げます。

この速度調節は、主に「クラッチ」を使って行います。

速度を上げたい時は半クラッチを繋ぎ、速度を下げたい時はクラッチを握ってください。

クラッチを使わずに、アクセルだけで速度調節をすると回しすぎて吹っ飛んでいく方や、思い通りに回せずに転ける方が多いのでオススメできません。
また、前輪ブレーキで減速しようとすると、ブレーキが効きすぎて転倒する方が多いのでやめておきましょう。

さらに慣れてきた方は、クラッチと合わせてアクセルも使えるようになると、より安定性が増します。

半クラッチだけでは思ってたよりも加速できずに、バランスを崩してしまうこともあるので、アクセルを回しながらの半クラッチがオススメです。
ただしアクセルが回っている分、クラッチの操作を慎重に行わないと急加速してしまう可能性があるので注意しましょう。

では次に「曲がり方」の仕方をみていきましょう。

曲がり方

バイクを傾けないように、ハンドルで曲がりましょう。

曲がる練習なのでスラローム同様、バイクを傾けないといけないと思っている方が多いのですが、クランクはバイクを傾けずに走行します。

バイクは低速の状態で傾けると当然、転倒してしまいます。
なので、クランクにおいては極力バイクを傾けないように、ハンドルで曲がるようにしましょう。
しかし、ハンドルで曲がる際、気をつけなければならないことがあります。

それはハンドルを一気に切らないことです。
必要以上にハンドルを切ってしまうと、ハンドルを元の向きに戻すのに時間がかかってしまい、内側のパイロンに接触する可能性が高くなるので、ハンドルは徐々に切るようにしましょう。

これで転倒することはまずなくなると思います。

しかし検定ではバランスを崩さなくてもパイロンに当たってしまうと一発アウトになってしまうので、次はパイロンに当たらないコツを解説していきます。

パイロンに当たらないコツ

「内輪差」に注意しましょう。

内輪差とは、前輪よりも後輪は内側を通るというタイヤがついている乗り物全てに生じる特性です。
この内輪差を計算しながら走行しないと、バイクの後部が曲がり角の内側のパイロンによく当たります。
よって、パイロンから1番離れた場所を走行するのがベストなのですが、これが意外にも難しいのです。

パイロンに当たらないように意識すると、目線がパイロンの方に向くと思うのですが、バイクは基本的に目線が向いている方向に進むものなので、無意識のうちに当たりたくないパイロンに寄って行ってしまうのです。
なので、目線は曲がり終わった先や、自分が通りたい場所に向けるようにしましょう。

 

  • 速度調節はクラッチを使う
  • 前輪ブレーキは絶対に使わない
  • 極力バイクは傾けない
  • 目線を上げる

 

以上がクランクのコツでした!

最初はとにかくバランスを崩さないことを重点的に練習してください。
そして、自分が走行しやすい速度を見つけ、その速度ではどこを通ればパイロンに当たらずに走行できるのかを探っていきましょう!

検定中に注意すべきこと

検定中はとにかくパイロンに当たらない・転倒しないように気をつけましょう。

クランクで転倒してしまう方がたまにいるのですが、滅茶苦茶もったいないです。

足をついてしまうと一発アウトになると勘違いしている方が多いのですが、5点減点されるだけですので、バランスを崩しかけたらすぐに足をつきましょう。
また、ルールで速度が決められているわけではないので、ゆっくり曲がるのが苦手な方はある程度の速度を保ったまま走行するのもアリです。

まとめ

慣れればそんなに難しい内容ではないのですが、教習中にあまりミスをしないような方が検定中にミスをすることが多い課題です。

スラローム一本橋と違いタイムもなくあまり面白みもな課題ですが、たまにのミスが検定中に出てしまわないように、1回1回を確実に通過できるよう練習していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました