スポンサーリンク

バイクの押しがけのやり方・コツ!誰でも出来ます!

エンジン バイクコラム
スポンサーリンク

押しがけの方法を知りたい方へ。

バイクのバッテリーが上がってしまって、エンジンがかからない。

押しがけって難しい?

押しがけでも中々、エンジンがかけれない。

 

といった「押しがけ」における疑問について元教習所の先生が解説します!

スポンサーリンク

押しがけとは?

押しがけとはセルモーター・キックスタートを使わなくてもエンジンをかけられる方法です。

 

バイクに乗っていると、1度は体験するであろう

バッテリー上がり

バイクは基本的にバッテリーが上がってしまうと、セルでエンジンをかけることができません。
そうなると、バッテリーの充電・交換、もしくは「押しがけ」をする必要があります。
バッテリーの充電・交換はバイクの整備として難易度が高いわけでもないのですが、時間がないときや、出かけ先では難しいですよね。

そういうときに役に立つのがこの「押しがけ」という方法です。
しかし、あくまでも押しがけは応急処置にすぎませんので、バッテリーが上がったり故障した場合はすぐに交換・充電を行うようにしましょう!

押しがけの手順

では、押しがけの手順を解説していきます。

 

1.バイクのキーをオンにする
押しがけをする状況というのは、慌てている可能性が高いので初歩的なミスをしがちです。
当然キーがオンになっていないとエンジンはかからないので、確認しておきましょう!
また、キルスイッチがオンになっていないかもついでに確認。

 

2.ギアを1速に入れる
バイクには停止状態ではギアが上げられないものと、上げられるものがあります。
上げられないバイクは1速で、上げられるバイクは2速にしてから行いましょう。

 

3.クラッチを握ってバイクを押す
転けない程度に猛ダッシュしましょう。
速度が速い方がエンジンはかかりやすいので、ここでどれだけ頑張れるかがキモになります!

 

4.ある程度の速度がついたらギアを2速に上げる
これは1速でしか発進できないバイクのみ行います。
1速よりも2速の方がエンジンはかかりやすいので、バイクを押しながらギアを上げるのは中々難しいですが、できれば2速に上げましょう。

僕が実際に押しがけをするときは、右足のつま先でチェンジペダルを蹴り上げていました。

 

5.さらに速度がついたらクラッチを離す
勢いがついたらあとはクラッチを離すことでエンジンはかかります。

 

6.エンジンがかかったらすぐにクラッチを握る
エンジンがかかったのにクラッチを離しっぱなしにしていると、当然バイクは飛び出して行くので、すぐにクラッチを握りましょう。

 

以上が押しがけの手順になります。
1回やってもエンジンがかからない場合は、何度かこの手順を繰り返してみてください。
実際に行うときは周りの状況にも気をつけましょう。

手順通りに何回もやっているのにエンジンがかからない!

という方は以下のコツをどうぞ。

エンジンがかかりやすくなるコツ

コツは大まかに分けて

この3つが重要になっていきます。

速度

できるだけスピードをつけるようにしましょう。

平坦な道で行うよりも下り坂を利用すると、より楽にエンジンがかかりやすくなります。
また、人手がある場合は後ろから押してもらうのもアリです!

クラッチ

恐怖心を捨て、クラッチは一気に離すようにしましょう。

半クラッチでもエンジンはかかるのですが、半クラッチを狙うよりはクラッチを全て離し切った方が確実にエンジンはかかります。

アクセル

エンジンがかかりそうになってから、アクセルを回すようにしましょう。

アクセルを回しながらクラッチを離す方法が主流なのですが、逆にエンジンがかかりにくくなる場合があります。
なので、アクセルを回しながらクラッチを回す方法でエンジンがかからないときは、アクセルを回さずにクラッチを離すという方法でも試してみましょう。
そして、エンジンがかかる前兆があればアクセルを回して、回転数が下がらないようにしてください。

まとめ

教習所で働いていたときに、卒業後わざわざ教習所まで出向いてやり方を教えて欲しいという方が数名いたので、記事にしてみました。

僕が学生時代に乗っていたバイクも物凄くエンジンのかかりが悪いバイクだったので、苦労した記憶があります。

寒い時期はバッテリーが上がっていなくても、エンジンがかかりにくい時があります。

人気車種であるバリオス・ホーネット・バンディットなどの4気筒のバイクは、他のバイクに比べてエンジンがかかりにくい傾向にあるので、押しがけを習得しておくことをオススメします!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました